業務エリア [福岡県・佐賀県全域]


HOME > クラウド型会計ソフトについて

クラウド型会計ソフトについて

当事務所では、クラウド型会計ソフトについて、ご興味のあるお客様には、導入を支援しております。

 

ただし、現状では、クラウド型会計ソフトの機能のすべてが万能というわけではありませんので、そのメリットとデメリットをお伝えしていきたいと思います。

メリット

クラウド型会計ソフトを利用すれば、銀行口座やカード明細などの入出金・摘要データを取り込むことが可能となります。一行ずつ手入力していたことを考えると、余計な手間が省くことができ、時間短縮になります。

 

ただし、最近では、従来型のインストール型の会計ソフトでも、データ取り込み機能がついているものが多くなってきました。

 

しかし、インストール型の会計ソフトの場合、データ取り込み設定をしていたつもりが、アップデートをしていなかったことなどにより取り込めていなかったというようなこと起こりえます。

 

また、インストール型会計ソフトの場合、データ取り込み時に、取り込むための操作を自分でしなくてはなりません。完全に自動で取り込んでくれるというわけではありません。

 

その点、クラウド型の会計ソフトの場合には、「完全自動取り込み」なので、銀行口座やカード明細などとの連動の部分だけ考えれば、より使いやすいソフトだと思います。

デメリット

ただし、注意していただきたい部分は、取り込み口座の設定などは、お客様自身でしていただく必要があるという点です。

 

また、大手銀行の場合、ネット口座を利用するには、月額の手数料が発生します。

 

クラウド型会計ソフトを使ってはみたものの設定でつまずいたり、手数料がかかるなどの理由により、ネット口座を開設せず主要な口座を連動させず、結局、決算期になって通帳のコピーをお持ちいただくことになるお客様がおられます。

 

クラウド型会計ソフトは、銀行口座やカード明細などの取り込み機能の部分では優れていますが、手入力の作業では、インストール型会計ソフトの方が、断然スムーズに行えます。ネット上での入力は、どうしてもワンテンポ遅くなります。

 

クラウド型の会計ソフトは、「自動化」というイメージですが、最初の初期設定やネット口座の開設など、お客様自身で行っていただくような作業が多くなります。

 

当事務所では、主要な銀行口座やカード明細と連動させないのであれば、従来通りインストール型会計ソフトをお勧めしております。

 

無料相談受付中!まずはお気軽にご連絡ください。

酒居会計事務所

〒810-0021
福岡県福岡市中央区今泉1-9-12
ハイツ三笠205

047-705-6491 受付時間 9:00〜18:00

インターネットで24時間受付中


▲PAGE TOP