千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

お問い合わせ お見積り依頼
キャリア10年以上の
税理士が対応いたします!

お問合せ

CLOSE

MENU

CLOSE

無料相談受付中!

047-767-5591

受付時間
9:00~18:00

Access

千葉県船橋市・市川市・浦安市 近辺で税理士をお探しのお客様

創業10年 平成16年12月税理士試験合格、平成27年12月宅地建物取引士試験合格
キャリア10年以上の税理士が対応いたします!業務エリア:全国対応可

最新ブログ記事

無料相談受付中!まずはお気軽にお問い合わせください。

千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

無料相談受付中!
まずはお気軽にお問い合わせください。

047-767-5591

受付時間  9:00~18:00

地図
酒居会計マネーブログ   ~税金・転職・起業・株式投資・ふるさと納税~

スポンサーリンク



消費税の課税事業者か免税事業者かの判断について

消費税の課税事業者か免税事業者かの判断について

 

今回は、消費税の課税事業者か免税事業者かの判断について、お問い合わせをいただきましたのでご紹介させていただきます。(一部変更しています。)

 

消費税の課税事業者の判定

 

ご質問内容は、④の2020年1月1日 ~ 12月31日 の事業年度は、消費税の免税事業者で良いのでしょうか?というものでした。

 

2015年1月1日 ~ 12月31日 課税売上700万円(半年間給与合計300万円)

2016年1月1日 ~ 12月31日 課税売上700万円(半年間給与合計300万円)  

--------------------------------  

①2017年1月1日 ~ 12月31日 課税売上2300万円(半年間給与合計1,050万円) 

②2018年1月1日 ~ 12月31日 課税売上800万円(半年間給与合計400万円) 

③2019年1月1日 ~ 12月31日 課税売上900万円(半年間給与合計400万円) 

④2020年1月1日 ~ 12月31日 課税売上2000万円(半年間給与合計900万円)

 

 

 

balloon_left
酒居

2020年1月1日~12月31日の事業年度が好調で、売上高が1000万円を超えているので、本当に消費税の免税事業者で良いのか不安になる部分だと思います。

 

 

この場合でも、原則通り判定を行います。

消費税の課税事業者かどうかの判定は、下記のように行います。

 

消費税課税事業者の判定

Ⓐ基準期間の課税売上高が1000万円を超えているか? ⇒ 超えていれば課税事業者

 

    ↓ 超えていなければ

 

Ⓑ特定期間の課税売上高が1000万円を超えているか?(注) ⇒ 超えていれば課税事業者

 

(注)課税売上高に代えて、特定期間の給与等支払額(役員報酬含む)により判定することもできます。(通常は、売上高より給与等支払額の方が金額が小さいため、ほとんどの場合、給与等支払額で判定することになります。)

 

 

基準期間

基準期間とは、個人事業者については、その年の前々年、法人については、その事業年度の前々事業年度(事業年度が1年である場合)をいいます。

 

特定期間

個人事業者の場合・・・その年の前年の1月1日から6月30 日までの期間
法人の場合・・・その事業年度の前事業年度開始の日以後6か月の期間(事業年度が1年の場合)

 

 

④の2020年1月1日 ~ 12月31日 課税事業者のの判定にあてはめると、

 

基準期間 2018年1月1日 ~ 12月31日 

基準期間の課税売上高 800万円 ≦ 1000万円

 

  ↓ 超えていない

 

特定期間 2019年1月1日 ~ 6月30日

特定期間の課税売上高 400万円(給与合計) ≦ 1000万円

 

※ ④の2020年1月1日 ~ 12月31日は、消費税の免税事業者

 

 

 

 

ちなみに①~③の判定は、下記の通りです。

 

その都度、基準期間の課税売上高や特定期間の課税売上高により判断することになります。

 

①2017年1月1日 ~ 12月31日

基準期間 2015年1月1日 ~ 12月31日 

基準期間の課税売上高 700万円 ≦ 1000万円

  ↓ 超えていない

特定期間 2016年1月1日 ~ 6月30日

特定期間の課税売上高 300万円(給与合計) ≦ 1000万円

 

※ ①の2017年1月1日 ~ 12月31日は、消費税の免税事業者

 

 

②2018年1月1日 ~ 12月31日

基準期間 2016年1月1日 ~ 12月31日 

基準期間の課税売上高 700万円 ≦ 1000万円

  ↓ 超えていない

特定期間 2017年1月1日 ~ 6月30日

特定期間の課税売上高 1050万円(給与合計) > 1000万円

 

※ ②の2018年1月1日 ~ 12月31日は、消費税の課税事業者

 

 

③2019年1月1日 ~ 12月31日

基準期間 2017年1月1日 ~ 12月31日 

基準期間の課税売上高 2300万円 > 1000万円

 

※ ③の2019年1月1日 ~ 12月31日は、消費税の課税事業者

 

 

課税事業年度と免税事業年度が交互にくるような場合の注意点

 

免税事業者が新たに課税事業者となった場合や、課税事業者が免税事業者となった場合には、消費税の計算では、棚卸資産の調整が必要となりますので注意して下さい。

 

 

当事務所紹介
■酒居会計事務所
■営業時間:9時〜18時(土・日休み)
■住所:千葉県船橋市西船4-29-13-501
■電話:047-767-5591
■最寄駅:西船橋駅徒歩2分
■営業地域:船橋市・市川市、浦安市その他県外遠方でも可能

スポンサーリンク

記事に関するご質問はこちらから(コメントは基本公開されます)

メールアドレスが公開されることはありません。名前は、ニックネームでもかまいません。フルネームでお書きいただいた場合、下の名前で公開します。* が付いている欄は必須項目となります。あと、社会保険に関するご質問は、社会保険労務士等にご相談ください。

 

関連記事

PAGETOP