千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

お問い合わせ お見積り依頼
キャリア10年以上の
税理士が対応いたします!

お問合せ

CLOSE

MENU

CLOSE

無料相談受付中!

047-767-5591

受付時間
9:00~18:00

Access

千葉県船橋市・市川市・浦安市 近辺で税理士をお探しのお客様

創業8年 平成16年12月税理士試験合格、平成27年12月宅地建物取引士試験合格
キャリア10年以上の税理士が対応いたします!業務エリア:全国対応可

最新ブログ記事

無料相談受付中!まずはお気軽にお問い合わせください。

千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

無料相談受付中!
まずはお気軽にお問い合わせください。

047-767-5591

受付時間  9:00~18:00

地図
酒居会計マネーブログ   ~税金・転職・起業・株式投資・ふるさと納税~

スポンサーリンク



投資で重要なのは『確率は収束する』という考え方



投資で重要なのは『確率は収束する』という考え方

 

今回は、投資に関するお話をさせていただきます。私自身、以前、証券会社に勤めていたということもあり、投資に関する話題も少しはブログに入れて行きたいなと思っていました。ただ、書きすぎると胡散臭くなりそうで迷うところではありました。まだまだ、世の中的には、「投資=ギャンブル」のような捉え方をされる方が多いというのが現状だと思います。今回は、投資とギャンブルの違いを含めてお話をさせていただきたいと思います。



ちなみに私の投資経験はこんな感じです

 

証券会社の営業2年・証券会社で運用担当として5年、その後9年間、仕事の傍ら個人的に株式投資を行っていますが、運用担当者時代も含めてトータル14年間は株式投資でマイナスの年度が一度もありません。最近は、証券会社の時代から行っていた手法が、売買高が多い時に成り立つような手法だったこともあり、ここのところの売買高の減少により株式投資は控えています。株価が高い状態での閑散相場なので、日銀の買い支えが影響しているのかもしれません。

 

東証一部の1日の平均売買高の推移(単位:株)

2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年
1,448,018 2,072,724 1,933,199 2,226,308 2,213,104 2,268,121 2,099,680 2,135,787
2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
2,103,641 3,447,958 2,524,883 2,546,271 2,427,522 1,988,445 1,661,989 1,377,807


投資とギャンブルとの違い

 

投資とギャンブルとの違いは、データに基づく裏付けがあるかどうかだと思います。データといっても、営業マンが持ってくるような販売用のデータではありません。

 

人的には、下記のような購入動機は、すべてギャンブル、又は、ギャンブルに近いと思っています。

 

・営業マンに勧められた

・今後この業界は有望だ

・自分には、才能がある、この株を買えばあがる!

・投資のことは分からないので運用は、プロ(投資信託)にまかせる

 

 

確率を把握することが重要

データに基づく裏付けとは、具体的には、投資手法ごとの確率です。株式投資を行う場合、そもそも何らかの購入動機があると思います。そして、購入後、「利益がでたのか?」「損をしたのか?」を、後々、検証する必要があると思っています。そうすることで投資手法ごとの確率を把握することができます。本来は、購入前に、分析できる方が良いので、確率を把握しやすい投資手法を選択した方が良いと思います。例えば、一例をあげると、下記のような手法です。

 

東証二部など他の市場から、東証一部へ昇格する銘柄があります。東証一部昇格になれば、インデックスファンドなどは、指数に連動させる必要があることから、その銘柄を組み入れる必要がでてきます。買い需要が発生するわけですから、ファンドの組み入れ日にむけて株価は上がりやすくなるのではないか?という仮説をたてることができます。過去に東証一部に昇格した銘柄で同様のケースの値動きを確認します。その結果、勝率やトータル損益から投資妙味があれば、同様の手法を繰り返し行います。

 

確率を把握すれば自ずと分散投資になる

たとえば、勝率6割以上で過去の損益がトータルプラスの手法であれば、繰り返し行うことで、確率はいずれ収束し利益が残ります。確率100%ということはまずないので、自ずと1回の投資金額は少なくなりますし、回数を重ねる必要があります。

 

balloon_left
酒居

投資を行うにあたって、確率論と確率は収束するという考え方が重要です。

 

世の中、投資に関することになると思考停止に至るような方が結構います。確率論的に考えれば、営業マンの話を鵜呑みにしたり、全財産を注ぎ込むような考え方にはなりません。また、多くの人は、投資を行った時点から物事を自分のポジションに都合の良いように考えがちになります。損切りが遅れる原因がそこにあります。データだけを信じて機械的に投資を行うことでそういうミスを防ぐことができます。

 


スポンサーリンク

 

関連記事

PAGETOP