千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

お問い合わせ お見積り依頼
キャリア10年以上の
税理士が対応いたします!

お問合せ

CLOSE

MENU

CLOSE

無料相談受付中!

047-767-5591

受付時間
9:00~18:00

Access

千葉県船橋市・市川市・浦安市 近辺で税理士をお探しのお客様

創業8年 平成16年12月税理士試験合格、平成27年12月宅地建物取引士試験合格
キャリア10年以上の税理士が対応いたします!業務エリア:全国対応可

最新ブログ記事

無料相談受付中!まずはお気軽にお問い合わせください。

千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

無料相談受付中!
まずはお気軽にお問い合わせください。

047-767-5591

受付時間  9:00~18:00

地図
酒居会計マネーブログ   ~税金・転職・起業・株式投資・ふるさと納税~

スポンサーリンク



令和5年10月1日から導入される適格請求書の要件について



令和5年10月1日から導入される適格請求書の要件について

 

今回は、令和5年10月1日から導入される適格請求書(インボイス制度)の要件について確認していきます。



なぜ、請求書の記載事項がこれほど重視されるのか?

 

請求書の記載内容について、なぜ、これほど重視されるのか?不思議に思われるかもしれません。理由は、消費税法にあります。通常、消費税は、売上にかかる消費税から仕入等にかかる消費税を差し引いて、その差額を納付しています。その仕入等にかかる消費税を差し引くための要件として、請求書等の保存方式が決まっているからなのです。



令和5年10月1日から適格請求書の発行は登録制に

 

令和5年10月1日から導入される適格請求書等保存方式は、厳格になり、仕入税額控除の要件を満たす適格請求書を発行できる事業者は、登録がなされた事業者に限られることになります。登録できる事業者は、消費税の課税事業者に限られるため、消費税の免税事業者は登録できません。すなわち、免税事業者からの仕入れについては、仕入税額控除ができなくなります。

 

免税事業者が適格請求書を発行するためには?

免税事業者からの仕入れは、仕入税額控除できないと記載しましたが、免税事業者でも、届出を提出することで消費税の課税事業者になり、適格請求書等発行事業者として登録を行えば、適格請求書の発行が可能です。しかし、消費税を納税しなくてはならなくなるので、負担は増加します。

 

同じ値段であれば適格請求書等発行事業者から仕入れた方が得!

仕入相手からすれば、同じ値段であれば、適格請求書の発行できる事業者から購入した方が、仕入税額控除ができる分、得になります。事業者間取引が多い事業者の場合には、取引の関係で、消費税の課税事業者になり適格請求書等発行事業者として登録する事業者が増えると思われます。逆に、消費者を対象とする事業の場合には、消費者は、消費税の申告を行うわけではないので、適格請求書が発行できなくても支障は生じないと思われます。

 

balloon_left
酒居

経営側の立場では、これまでは、給与で支払うより外注費で支払った方が消費税を控除できる分、メリットがありました。しかし、インボイス制度が導入されれば免税事業者に外注費を支払っても仕入税額控除できないので、外注を多く使っている事業者などで負担が増加します。

それぞれの請求書の比較

 

請求書等保存方式

区分記載請求書等保存方式

適格請求書等保存方式

(現行)

(令和元年10月1日から

令和5年9月30日までの間)

(令和5年10月1日から)
①書類の作成者の氏名又は名称 ①書類の作成者の氏名又は名称 ①適格請求書発行事業者の氏名又は名称及び登録番号
②課税資産の譲渡等を行った年月日 ②課税資産の譲渡等を行った年月日 ②課税資産の譲渡等を行った年月日
③課税資産の譲渡等に係る資産又は役務の内容 ③課税資産の譲渡等に係る資産又は役務の内容 (課税資産の譲渡等が軽減対象資産の譲渡等である場合には、資産の内容及び軽減対象資産の譲渡等である旨 ③課税資産の譲渡等に係る資産又は役務の内容 (課税資産の譲渡等が軽減対象資産の譲渡等である場合には、資産の内容及び軽減対象資産の譲渡等である旨
④ 課税資産の譲渡等の税込価額 税率ごとに合計した課税資産の譲渡等の税込価額 税率ごとに区分した課税資産の譲渡等の税抜価額又は税込価額の合計額及び適用税率
⑤書類の交付を受ける当該事業者の氏名又は名称 ⑤書類の交付を受ける当該事業者の氏名又は名称 税率ごとに区分した消費税額等
⑥書類の交付を受ける当該事業者の氏名又は名称

 

 

区分記載請求書は、適格請求書として必要な事項が記載されていればOK

令和元年10月1日から令和5年9月30日(適格請求書等保存方式の導入前)までの間において、適格請求書として必要な事項が記載されている請求書等については、区分記載請求書等として必要な事項が記載されていることとなります(消法 30⑨、 28 年改正法附則 34②)

 



具体的な適格請求書の記載例

 

具体的な適格請求書の記載例は下記のようなイメージになります。

 

               国税庁資料より抜粋

適格請求書に誤りがあった場合は

 

令和元年10月1日から令和5年9月30日までの区分記載請求書等保存方式の場合には、③軽減対象資産である旨、④税率ごとに合計した税込価額の記載漏れのある請求書の交付を受けた場合でも、交付を受けた事業者が、追記することで請求書等の要件を満たしました。しかし、適格請求書等保存方式の場合には、交付を受けた者の追記は認められいません。適格請求書等発行事業者に修正済みの適格請求書を再交付してもらう必要があります。

 


スポンサーリンク

 

関連記事

PAGETOP