千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

お問い合わせ お見積り依頼
キャリア10年以上の
税理士が対応いたします!

お問合せ

CLOSE

MENU

CLOSE

無料相談受付中!

047-767-5591

受付時間
9:00~18:00

Access

千葉県船橋市・市川市・浦安市 近辺で税理士をお探しのお客様

創業8年 平成16年12月税理士試験合格、平成27年12月宅地建物取引士試験合格
キャリア10年以上の税理士が対応いたします!業務エリア:全国対応可

最新ブログ記事

無料相談受付中!まずはお気軽にお問い合わせください。

千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

無料相談受付中!
まずはお気軽にお問い合わせください。

047-767-5591

受付時間  9:00~18:00

地図
酒居会計マネーブログ   ~税金・転職・起業・株式投資・ふるさと納税~

スポンサーリンク



NISA口座開設!おすすめ証券会社ランキング



NISA口座開設!おすすめ証券会社ランキング

 

今回は、NISA口座開設に当たってのおすすめの証券会社をご紹介したいと思います。

 

balloon_left
酒居

ちなみに、株式投資歴は約14年、実際に12の証券会社に証券口座を持っていますので、その経験を踏まえてランキングにしてみたいと思います。



NISAとは

 

NISAとは、簡単にいうとNISA口座内で購入した金融商品の売却益等に対する税金が非課税になる制度です。ただし、損失を、翌年以降に繰り越しすることもできないというデメリットがあります。

 

NISAには、一般NISA・つみたてNISA・ジュニアNISAがあります。(ジュニアNISAは、利用対象が、0歳~19歳の方に限られるため今回は説明を省きます。)一般NISAとつみたてNISAの違いは、下記をご覧ください。

 

一般NISAとつみたてNISAの違い

一般NISA つみたてNISA
利用者 日本にお住いの20歳以上の方 同左(ただし、つみたてNISAと一般NISAどちらか一方を選択して利用可能)
非課税対象 株式・投資信託等の配当・分配金・譲渡益 投資信託の分配金・譲渡益

一般口座や特定口座と

損益通算/繰越控除

できない できない
非課税投資枠

毎年120万円が上限

(最大600万円)

毎年40万円が上限

(非課税投資枠は20年間で最大800万円)

非課税期間

最長5年

(ロールオーバー可)

最長20年間
投資可能期間 2014年~2023年 2018年~2037年

・つみたてNISAと一般NISAを1年単位で変更することは可能

・一般NISAの場合、外国株も非課税対象になります。

 

 

つみたてNISAは、投資対象に制限あり

つみたてNISAの投資対象は、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定
例えば公募株式投資信託の場合、以下の要件をすべて満たすもの

  • 販売手数料はゼロ(ノーロード)
  • 信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)に限定
  • 顧客一人ひとりに対して、その顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること
  • 信託契約期間が無期限または20年以上であること
  • 分配頻度が毎月でないこと
  • ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと

金融庁HPより

 

 

 

2019年7月22日現在のつみたてNISA対象商品164本

国内 内外 海外

株式型 38本 9本 39本
資産複合型 4本 70本 1本
ETF 3本

金融庁HPより

 



証券会社選びのポイント

 

証券会社選びのポイントとして、まず、NISA口座を使ってどのような金融商品に投資する予定なのか?で変わってきます。例えば、外国株や新規公開株の購入にNISA口座を利用したい場合は、対応可能な証券会社を選ぶ必要があります。また、NISA以外でも、通常の株式売買も行う予定がある場合には、なるべく手数料が安い証券会社を選ぶ必要がありますし、投資信託を購入する予定があるのでしたら、品揃えが豊富な証券会社を選んだ方が良いと思います。さらに、投資の際に相談が必要かどうかも、証券会社選びのポイントとなります。

 

証券会社選びのポイント

・NISA以外で通常の株式取引も行う予定があるか?

・NISA口座を使って外国株やIPO投資を行う予定があるか?

・投資相談が必要か?

・パソコンは使えるか?

・投資信託を購入する予定があるか?   など

 

NISAでIPO投資!

 

NISA口座で投資を行えば、売却益が非課税になるというメリットがありますが、そもそも利益を出さなければメリットは享受できません。ただ、現在の相場状況で投資で利益を出すのは、なかなか難易度が高いというのが現実です。

 

新規公開株の抽選に申し込む

確実に利益を出したい場合におすすめの投資法があります。それは、新規公開株の割り当てにNISA口座を使うというもの。新規公開株であれば、公開前に株価をある程度予想できるため、割り当てが貰らえれば、確実に利益を出すことができます。(公募割れが予想される場合は、申し込まなければ良いだけなので)

 

「新規公開株なんて、そう簡単に貰えるものではない!」と言われると確かにそうなのですが、努力次第で少しは貰うことが可能です。一番良いのは、大手証券で優良顧客になればもらえる確率はグンと上がるのですが、ネットからの申し込みであっても少しは貰えます。

 

 

実録)2年半1700万円の資金で新規公開株の申し込みを続けた結果

 

balloon_left
酒居

大手証券5社に40万円ずつ、SBI証券に1500万円預け入れ、2年半ほぼすべての新規公開株の抽選に申し込んだ結果、年間5回程度当選しました。利益は下記のとおりです。預け入れ金額が多いということも加味する必要がありますが、SBI証券で人気のある銘柄の割り当てをもらえることが多かったです。

 

年度別IPO当選結果

 

2016年
2017年
2018年
2019年
合計
SBI証券 128,214 (3) 755,055 (4) 273,205 (2) 240,000 (1) 1,393,474
大和証券 0 174,497 (2) 0 174,497
野村証券 114,485 (1) 0 0 114,485
SMBC日興証券 45,933 (2) 0 ▲9,988 (2) 35,945
みずほ証券 0 ▲10,193 (1) 19,622 (3) 9,429
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 ▲5,320 (1) ▲5,320
合計 288,632 919,359 277,519 240,000 1,725,510

※()・・・当選回数

 

 

 



NISA口座開設!おすすめ証券会社ランキング4選

 

NISA口座開設するにあたっておすすめの証券会社をまとめてみました。12の証券会社の利用経験などからランキングをつけていますが、個人的な好みも入っています。ネット証券の方が品揃えは豊富です。担当者を付けて相談しながら投資したいというような場合には、大手証券の方が良いと思います。

 

 

1、SBI証券(総合力NO.1)

一般NISA投資対象 2019.1月~8月 つみたてNISA
国内株 海外株 投資信託 IPO IPO件数
45件
(うち主幹事4件)
株式手数料0円 米国株以外あり

ノーロード投信

1362本

・ネット証券でありながら、IPOの取扱件数がとにかく多い。

・外国株式についても、米国(1850銘柄)、中国株/HDR(1400銘柄)、韓国(60銘柄)、ロシア(30銘柄)、ベトナム(330銘柄)、インドネシア(30銘柄)、シンガポール(40銘柄)、タイ(70銘柄)、マレーシア(40銘柄)、海外ETF(360銘柄)など幅広く扱っている。(2019/3/20現在)

・投資信託の種類も豊富で総合的におすすめです。

 

 

 

 

2、マネックス証券(米国株・中国株の取扱い銘柄数ダントツ)

一般NISA投資対象 2019.1月~8月 つみたてNISA
国内株 海外株 投資信託 IPO IPO件数
22件
(うち主幹事0件)
株式手数料0円 米国株以外あり

ノーロード投信

795本

・米国株(3300銘柄超)と中国株/HDR(2000銘柄超)の取扱い件数が他の証券会社に比べてダントツに多い。

・アメリカで新規上場する注目銘柄なども、上場日から取引できる場合が多い。

・海外投資を考えているならおすすめの証券会社です。

 

 

 

 

3、楽天証券(NISAでIPOに申し込めない点以外は◎)

一般NISA投資対象 2019.1月~8月 つみたてNISA
国内株 海外株 投資信託 IPO IPO件数
12件
(うち主幹事0件)
株式手数料0円 米国株以外あり

ノーロード投信

1358本

NISAは新規公開対象外

・ネット証券大手。投資信託の取扱い件数は豊富。

・米国株(2383銘柄)、中国株/HDR(925銘柄)、アセアン株(258銘柄)、海外ETF(360銘柄)の取扱いも豊富(2019/9/6現在)

・一つ残念なのが、NISA枠を使ってIPOの申し込みはできないところ。

 

 

 

 

4、松井証券

一般NISA投資対象 2019.1月~8月 つみたてNISA
国内株 海外株 投資信託 IPO IPO件数
5件
(うち主幹事0件)
株式手数料0円

ノーロード投信

793本

・投資信託の購入時の手数料のポイント還元を行っている。

 

 

その他のおすすめ証券会社

 

GMOクリック証券(株式売買を頻繁に行う人向け)

一般NISA投資対象 2019.1月~8月 つみたてNISA
国内株 海外株 投資信託 IPO IPO件数
0件
(うち主幹事0件)
株式手数料0円 外国株の取扱いなし

ノーロード投信

98本

ほぼGMOグループ上場時の取扱いに限られる

・NISA以外でも株式売買を行う予定がある場合は、株式手数料が安くおすすめ(手数料がさらにお得なVIPプランもあり、どちらかというとデイトレーダー向けの証券会社)

・母体がIT系の会社なので発注システムが使いやすい

 

 

 

 

カブドットコム証券

一般NISA投資対象 2019.1月~8月 つみたてNISA
国内株 海外株 投資信託 IPO IPO件数
14件
(うち主幹事0件)
株式手数料0円

ノーロード投信

696本

・デイトレーダ向けに建て玉や約定代金に応じた優遇プランもあり、株式の手数料は安い

 

 

 

 

 

大和証券

一般NISA投資対象 2019.1月~8月 つみたてNISA
国内株 海外株 投資信託 IPO IPO件数
26件
(うち主幹事9件)

100万円あたり手数料

店頭12,420円

(ネット3,726円)

ノーロード投信

21本

・担当者と相談しながら投資を行いたい人におすすめ。

・主幹事数が多く、大手証券の場合、優良客に優先的にIPOを割り当てる傾向がある。

 

 

 

 

 

野村証券

一般NISA投資対象 2019.1月~8月 つみたてNISA
国内株 海外株 投資信託 IPO IPO件数
20件
(うち主幹事9件)

100万円あたり手数料

店頭11,967円

(ネット1,029円)

投資信託840本(ノーロード投信の本数は不明)

 

・国内最大手

・担当者と相談しながら投資を行いたい人におすすめ。

・主幹事数が多く、大手証券の場合、優良客に優先的にIPOを割り当てる傾向がある。

 

 

 

 

 

SMBC日興証券

一般NISA投資対象 2019.1月~8月 つみたてNISA
国内株 海外株 投資信託 IPO IPO件数
35件
(うち主幹事12件)

100万円あたり手数料

店頭12,420円

(ネット864円)

店頭取引〇

ダイレクトコース✖

ノーロード投信

531本

・担当者と相談しながら投資を行いたい人におすすめ。

・主幹事数が多く、大手証券の場合、優良客に優先的にIPOを割り当てる傾向がある。

 

 

 

 

 

みずほ証券

一般NISA投資対象 2019.1月~8月 つみたてNISA
国内株 海外株 投資信託 IPO IPO件数
28件
(うち主幹事5件)

100万円あたり手数料

店頭11,340円

(ネット3,402円)

ノーロード投信

17本

・担当者と相談しながら投資を行いたい人におすすめ。

・主幹事数が多く、大手証券の場合、優良客に優先的にIPOを割り当てる傾向がある。

 

 

 

 

 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券

一般NISA投資対象 2019.1月~8月 つみたてNISA
国内株 海外株 投資信託 IPO IPO件数
15件
(うち主幹事3件)

100万円あたり手数料

店頭11,988円

(ネット3,595円)

ノーロード投信

61本

・担当者と相談しながら投資を行いたい人におすすめ。

・主幹事数が多く、大手証券の場合、優良客に優先的にIPOを割り当てる傾向がある。

 

 


スポンサーリンク

 

関連記事

PAGETOP