千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

お問い合わせ お見積り依頼
キャリア10年以上の
税理士が対応いたします!

お問合せ

CLOSE

MENU

CLOSE

契約前の事前相談受付中!

047-767-5591

受付時間
9:00~18:00

Access

千葉県船橋市・市川市・浦安市 近辺で税理士をお探しのお客様

平成16年12月税理士試験合格、平成27年12月宅地建物取引士試験合格
キャリア10年以上の税理士が対応いたします!業務エリア:全国対応可

最新ブログ記事

契約前の事前相談受付中!まずはお気軽にお問い合わせください。

千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

契約前の事前相談受付中!
まずはお気軽にお問い合わせください。

047-767-5591

受付時間  9:00~18:00

地図
酒居会計マネーブログ   ~税金・転職・起業・株式投資・ふるさと納税~

スポンサーリンク



フリーランスエンジニア独立体験談-1  男性:30歳時 年収350万円⇒年収800万円、自己評価〇

 

転職体験談・独立起業体験談の募集をしています。お気軽にお問い合わせください。

フリーランスエンジニア独立体験談 男性:30歳時(2013年) 

 

現在の年齢36歳(男性)

 

年収 勤務時350万円 ⇒ 独立後800万円
案件単価 70万円~90万円
勤務地 東京都、神奈川県
案件の探し方

知人からの紹介

営業についての窓口を拡げることが出来たため、数社から定期的に案件を紹介してもらっていた

エージェント 使用なし
主な使用言語 Java、C#.Net
仕事内容

サーバーサイドエンジニア

(具体的な仕事内容)

金融系システム、倉庫管理システム、BtoCサイト等に携わった。主に外部システムとのやり取りを行うAPIや、自システム内のバッチ処理を担当していた。参画する案件やタイミングにもよるが、要件定義、設計、開発、テスト、リリース等、特にフェーズは選好みせずに何でもやるスタンスで臨んでいた。

仕事の形態

常駐型ITフリーランス(一般的な勤務時間 週5日 09:00~18:00)

ITエンジニア勤務年数

(独立前)

3年

フリーランス歴

3年

独立自己採点

 

IT系に特化した転職エージェント

レバテックキャリア

マイナビエージェントIT

 

 



独立前の経歴

 

福岡大学卒業後、2年間の工場勤務を経て、日本電子専門学校に入学、卒業。現在、システムエンジニアとしてIT業界に9年間従事している。3年間会社員を経験した後、3年間個人事業主として活躍し、現在は再び会社員として働いている。

 



フリーランスになったきっかけ

 

私自身が第二新卒だったことから、同期と同じペースで仕事をしていてはいけないと考えていた。初めて参画した現場が300人を超える大規模プロジェクトで、その分人の入れ替わりも激しかった。

 

一日でも早く実力をつけたいという気持ちと、このプロジェクトを自分の満足の行くまで全うするという気持ちで日々業務に臨んでいた。

 

仕事に関しては、限界まで人の力に頼らずに自己解決し、ステップアップして行き、また人脈に関しては、徐々に他社の社員とも交流を重ねて行った。結果、フリーランスで働く自信や営業力がついてきたため、独立を決意した。

 

 



フリーランスになって良かった点・苦労した点など

 

良かったことは、金銭面で余裕ができたこと。会社員時代と比べると、月当たりで20万以上手取りが増えた。また自社の作業や提出資料がなくなるため、その時間を勉強やセミナー等の自己投資に充てることができた。

 

苦労したことは、仕事で行き詰った時に相談できる人間がほぼゼロだったこと。全て自分で解決する必要があり、気分が悪くなりながら必死に解決策を絞り出す場面が何度もあった。

 

また、怪我や病気で働けなくなった場合に、収入がゼロになることも不安だった。収入保障等の任意保険に加入し、最低限の収入は得られるように備えていた。

 

エピソードとして、独立後3か月間、利益をピンハネされていたことがあった。会社員時代に仲の良かった営業に、独立する相談をしたところ、何か手伝いをしたいと進言してくれた。元々決まっていた案件を紹介してくれた別の営業と話がしたいと言い、紹介したところ、私に相談なしで、挟む必要のない会社を一社経由させられ、払わなくていい手数料をはねられていた。

 

フリーランスエンジニアになる前に勉強しておけば良かったことは?

 

会社勤めの一般のエンジニアであれば、自分の単価が幾らで、商流がどうなっているか、ぼんやりとしたイメージしか持っていないと思う。私自身も転身後しばらくはお金については深く考えられておらず、自分の単価が幾らで、商流が何社あって、自分の手元に実際に入る金額は幾ら、ということを早い段階からイメージしておければ良かったと思う。

 

ただし、あまりお金の話ばかりだと、決して良いイメージにはならないので、数か月ごとや案件の変わり目に、単価交渉の相談するのが良いと思う。

 

また毎年3月に、前年度1月から12月までの確定申告は必須のため、簡単な簿記の知識があると良かったと感じた。

 



フリーランスエンジニアを目指している人に対してアドバイスするとすれば?

 

自分のスキルを必要としてくれる案件を2、3つは常に準備しておいた方が良いと思う。スキルアンマッチで契約終了というだけでなく、案件自体が途中で流れるということも考えられる。

 

また、全て自分で解決していくという気持ちは持ちつつも、仕事やプライベートの悩みを相談できるような、同じ業界の仲間を作っておくことも大事だと思う。

 

 

 

 


スポンサーリンク

記事に関する感想等があれば(税金等に関する相談・質問は有料での対応になりますので、料金表を確認後、お問い合わせフォームからお申し込みください。)

メールアドレスが公開されることはありません。名前は、ニックネームでもかまいません。フルネームでお書きいただいた場合、下の名前で公開します。* が付いている欄は必須項目となります。

 

関連記事

PAGETOP