千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

お問い合わせ お見積り依頼
キャリア10年以上の
税理士が対応いたします!

お問合せ

CLOSE

MENU

CLOSE

契約前の事前相談受付中!

047-767-5591

受付時間
9:00~18:00

Access

千葉県船橋市・市川市・浦安市 近辺で税理士をお探しのお客様

平成16年12月税理士試験合格、平成27年12月宅地建物取引士試験合格
キャリア10年以上の税理士が対応いたします!業務エリア:全国対応可

最新ブログ記事

契約前の事前相談受付中!まずはお気軽にお問い合わせください。

千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

契約前の事前相談受付中!
まずはお気軽にお問い合わせください。

047-767-5591

受付時間  9:00~18:00

地図
酒居会計マネーブログ   ~税金・転職・起業・株式投資・ふるさと納税~

スポンサーリンク



お米の実食レビューまとめ|品種ごとに食味はかなり違う!

お米の実食レビューまとめ|品種ごとに食味はかなり違う!

 

お米の実食レビューについてまとめました。今まで、お米について、そこまで気にして食べていませんでしたが、食べ比べをしてみると、かなり特徴が違うんだなと感じさせられました。

 

「つや姫」は、お姫様!「あきたこまち」は、町娘!?

特に、高級感があったお米は、「つや姫」です。「つや姫」は、しっかりめのお米で、見た目的に高級感があります。高級な和食店で出てきそうなお米です。山形の試験場で掛け合わせてつくられたお米とのことですが、勝手な想像なのですが、名前を付ける際に隣の県の「あきたこまち」に対する対抗意識があったのではないかと想像してしまいます。「あきたこまち」は、名前的にも食味的にも庶民的な(町娘的)感覚がするお米(個人的に好みのお米)なのですが、「つや姫」は、お姫様だけあって、見た目が上品できれいなお米です。普段、「あきたこまち」を食べていると、たまに、上品な「つや姫」に無性に惹かれます。

 

balloon_left
酒居

まだ16種類ぐらいのお米しか食べていませんが、おいしいお米を一つ上げると「つや姫」は、大多数の人がおいしいと思うお米だと思います。食感もいいですし、口に入れる瞬間の味?香り?が、何度食べてもやっぱりおいしいなと感じました。

 

「はえぬき」は、おにぎりにあっている!セブンイレブンでも?

「つや姫」は、主に山形で作られているお米なのですが、ネット情報によると、山形の人は、「つや姫」は、高級なお米なので、普段、家では、「はえぬき」を食べることが多いとのこと。「はえぬき」は、しっかりめで粘りの強いお米でした。おにぎりにしたところすごくおいしかったので、ぜひ、他のお米と食べ比べをしていただければと思います。ウィキペディアを見ると、セブンイレブンのおにぎりは、「はえぬき」が使われている場合が多いとの記載がありました。

 

やわらかく粘り気がある「ゆめぴりか」はご飯が進む!

個人的に、しっかりしたかためのお米が好きなのですが、月に何度かは、やわらかく粘り気のある「ゆめぴりか」を炊きたての状態で食べたくなります。ネットにも記載がありましたが、ごはんが進むお米なので食べすぎに注意です。

 

こしひかりの突然変異!「ミルキークイーン!」

面白い品種としては、ミルキークイーンがあげられます。コシヒカリが突然変異してできた品種とのことで、お米の粒が透明感のない白色で、粘り気が強いお米でした。食べてみると、粘り気が強く、食感が普通のお米と少し異なり、確かに変異してできたような感じがしました!



お米の実食レビュー

 

すべて「秋田県産あきたこまち」との比較でレビューしています。

 

第1回:お米の実食レビュー|令和元年産『北海道産ななつぼし』

第2回:お米の実食レビュー|令和元年産『北海道産ゆめぴりか』

第3回:お米の実食レビュー|令和元年産『山形県産つや姫』

第4回:お米の実食レビュー|令和元年産『宮城県産ひとめぼれ』

第5回:お米の実食レビュー|平成30年産『岐阜県産コシヒカリ』

第6回:お米の実食レビュー|令和元年産『熊本県産ヒノヒカリ』

第7回:お米の実食レビュー|令和元年産『山形県産はえぬき』

第8回:お米の実食レビュー|令和元年産『愛知県産ミルキークイーン』

第9回:お米の実食レビュー|令和元年産『佐賀県産さがびより』

第10回:お米の実食レビュー|令和元年産『北海道産おぼろづき』

第11回:お米の実食レビュー|令和元年産『山形産ササニシキ』

第12回:お米の実食レビュー|令和元年産『山形産雪若丸』

第13回:お米の実食レビュー|令和元年産『新潟産新之助』

第14回:お米の実食レビュー|令和元年産『山形産いのちの壱』

第15回:お米の実食レビュー|令和元年産『愛知産あいちのかおり』

第16回:お米の実食レビュー|令和元年産『北海道産ふっくりんこ』

第17回:お米の実食レビュー|令和元年産『青森県産青天の霹靂』

第18回:お米の実食レビュー|令和元年産『魚沼産コシヒカリ』

第19回:お米の実食レビュー|令和元年産『岩手県産銀河のしずく』

 

 

実食の方法
お米の浸水時間と水加減でごはんの食味がかなり違ってきます。お米の浸水時間は、90分、水加減は、炊飯器のメモリ通りの分量で炊飯しています。また、炊飯後は、30分間蒸らしさらに1時間保温した状態で試食しています。(炊き立ての状態だと違いが分かりづらいとの記載があったため)

 

 

balloon_left
酒居

浸水時間や水加減は、基本的にすべて同じ状態で炊飯しています。しかし、お米の品種ごとに適した浸水時間や水加減があるのではないかと思います。なので、一部、お米のポテンシャルを出しきれていないお米の状態で評価している可能性はあります。

 

 


スポンサーリンク

記事に関するご質問はこちらから(コメントは基本公開されます)

メールアドレスが公開されることはありません。名前は、ニックネームでもかまいません。フルネームでお書きいただいた場合、下の名前で公開します。* が付いている欄は必須項目となります。個別の取扱い等について電話等での無料相談は実施しておりません。あくまでも当記事については参考程度として、実際の運用にあたっては、顧問税理士等にご相談されるか、ご自分で判断して下さい。

 

関連記事

PAGETOP