千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

お問い合わせ お見積り依頼
キャリア10年以上の
税理士が対応いたします!

お問合せ

CLOSE

MENU

CLOSE

無料相談受付中!

047-767-5591

受付時間
9:00~18:00

Access

千葉県船橋市・市川市・浦安市 近辺で税理士をお探しのお客様

創業10年 平成16年12月税理士試験合格、平成27年12月宅地建物取引士試験合格
キャリア10年以上の税理士が対応いたします!業務エリア:全国対応可

最新ブログ記事

無料相談受付中!まずはお気軽にお問い合わせください。

千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

無料相談受付中!
まずはお気軽にお問い合わせください。

047-767-5591

受付時間  9:00~18:00

地図
酒居会計マネーブログ   ~税金・転職・起業・株式投資・ふるさと納税~

スポンサーリンク



税金(国税・地方税)をATMやネットバンキングから支払う(登録方式)|電子納税

税金(国税・地方税)をATMやネットバンキングから支払う(登録方式)|電子納税

 

今回は、税金の納付方法について調べてみました。所得税・法人税・消費税・源泉所得税、法人県民税、法人事業税、法人市民税などの税金の納付は、通常、銀行の窓口から納付書を用いて支払っている場合が多いと思います。あまり知られていないようですが、e-Tax(国税)や、eLTAX(地方税)を行っていれば、納付書ではなく、ATMやネットバンキングからでも税金の支払いは可能です。今回は、その方法について確認していきます。



納付書以外の税金の支払い方法は?

 

法人税や消費税などの税金を納付する場合、納付書を持参して銀行の窓口や税務署などで支払っている方が大半だと思います。個人の場合には、振替納税にされている方も多いと思います。(振替納税は、個人のみの制度で法人にはありません。)

 

税金の納付方法には、下記の方法があります。

・ダイレクト納付 ・インターネットバンキング等 ・クレジットカード納付 ・コンビニ納付(QRコード) ・コンビニ納付(バーコード) ・振替納税(個人のみ) ・窓口納付

国税庁HPより

 

ダイレクト納付は便利な制度ですが、欠点も・・・

ダイレクト納付は、事前に銀行口座等を届け出ることにより納税者が指定した日に税金の引き落としを行う制度です。あらかじめ税務署に銀行口座を届け出なければならず、さらに、引き落とし日をe-Tax(国税)やeLTAX(地方税)で指定しなければなりません。納税者が、e-Tax(国税)やeLTAX(地方税)の操作に慣れていれば大変便利な制度なのですが、会計事務所に依頼されているような場合、納税者自身は、e-Tax(国税)やeLTAX(地方税)の操作を行ったことがないケースがほとんどです。会計事務所が代理で操作を行うことも可能ですが、お客様に「引き落とし日」や「残高の確認」などを行わなければならず、いまいち使い勝手は良くありません。

 

 

 

ATMやネットバンキングから納付するメリット

まず、銀行の窓口に並ばなくて良いという最大のメリットがあります。さらに、e-Tax(国税)やeLTAX(国税)の操作に不慣れなためご自身でダイレクト納付を行うのはハードルが高いというような人でも、この方法なら、会計事務所に必要な納付情報の取得を依頼するなどしてスタートできるというメリットがあります。



納付情報が必要!

 

通常、銀行振込を行う場合、振込先の口座番号などが必要になります。ATMやネットバンキングから税金を納付する場合には、下記の納付情報が必要になります。また、ATMやネットバンキンでは、「振込」ではなく、ペイジー(税金・各種払込)から手続きを行います。

 

納付情報

①収納機関番号 ②納付番号 ③確認番号 ④納付区分

 

 

ATMやネットバンキングを行う際の注意点

・納付書控えは貰えません。

・1日あたりの利用限度額の上限額に注意。(振込金額の上限ではなく、税金・各種料金払込(ペイジー収納サービス)金額の上限額になります。)

 



納付情報の確認方法(国税の場合)

 

所得税・法人税・消費税、源泉所得税など国税に関する納付情報の確認は下記のように行います。源泉所得税を納付する場合は、まず、所得税徴収高計算書のデータを送信する必要があります。(詳しくは、この項の末尾でご説明しております。)

 

登録方式と入力方式の2種類あり

インターネットバンキング等による電子納税には、登録方式と入力方式という2種類の方法があります。入力方式は、納付区分番号に対応する納付目的コード(税目番号、申告区分コード、元号コード、課税期間を組み合わせた番号)を利用者自身で作成して、納付金額と併せて入力する必要があります。今回は、全税目に対応している登録方式でご説明いたします。登録方式の場合は、税額を入力する必要はありません。

 

 

1、まず、e-Taxの利用者識別番号と暗証番号を用意

まず、e-Taxにログインする必要があるため、e-Taxの「利用者識別番号」と「暗証番号」をご用意ください。利用者識別番号は、e-Tax申請時に付与され、暗証番号は、e-Tax申請時に設定したものです。

 

 

2、納付情報の確認

ATMやネットバンキングから納付するためには、下記の納付情報が必要になります。④の納付区分番号以外は、e-TAX 申請時に設定したもの等を使用します。

 

①収納機関番号 ⇒ 国税庁を表す収納機関番号は、「00200」になります。

②納付番号 ⇒ 納付番号は、e-TAX 申請時に付与された「利用者識別番号」になります。

③確認番号 ⇒ 確認番号は、e-TAX 申請時に設定した「納税用確認番号」になります。  

④納付区分 ⇒ 下記の方法で確認した「納付区分番号」を使用します。

 

 

3、「④納付区分番号」を確認する

 

①e-TAX のHPを開き、「電子納税をご利用の方」をクリックします。

 

 

②「e-TAX 受付システムへのログイン」をクリックします。

 

 

③e-TAX の「利用者識別番号」と「暗証番号」を入力します。

 

 

④メインメニューの「確認画面へを」クリックします。

 

 

⑤電子申告を行い税額が発生するものには、「納付情報登録依頼」が自動的に返送されてくる?のだと思います。「納付情報登録依頼」をクリックします。

 

 

⑥クリックすると、電子納税の項目に「納付区分番号」が記載されています。e-TAX から、各銀行のサイトへ行き納付することも可能です。

 

 

 

源泉所得税の場合

所得税・法人税・消費税などは、e-TAXで電子申告後に納付する税金です。源泉所得税の場合は、申告は行わないことから、下記の給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書のデータをe-TAXで送付する必要があります。要は、源泉所得税の場合は、納付書に記載されたデータも必要になるということです。あとは、他の税金と同様に手続きを行います。

 

 

 

 

納付情報の確認方法(地方税の場合)

 

法人の場合は、法人県民税・法人事業税・法人市民税などを申告し、期限までに税金を納付しなければなりません。(個人の場合には、住民税の支払いがありますが、少し異なりますので、ここでは省略します。)ちなみに、地方税の場合、e-Tax(国税)では手続きができません。eLTAX(地方税)を使用します。国税は、財務省の管轄、地方税は総務省の管轄なので、管轄の違いが影響しています。

 

1、まず、eLTaxの利用者識別番号と暗証番号を用意

まず、eLTaxにログインする必要があるため、eLTaxの「利用者ID」と「暗証番号」をご用意ください。利用者ID・暗証番号は、eL-Tax申請時に付与されたものです。

 

 

 

 

 

 

2、納付情報発行依頼

eLTaxでは、電子申告した税金についても、納付情報発行依頼を行わなければ納付情報は発行されません。

 

①納税メニューをクリックします。

 

 

②電子申告連動をクリックします。

 

 

③「手続名」と「事業年度」を入力し、検索をクリックすると納付対象申告一覧が表示されます。末尾の「次へ」をクリックします。

 

 

④クリックすると税額が表示されます。再度、末尾の「次へ」をクリックします。

 

 

⑤下記の画面が表示されますので、納付情報発行依頼を「送信」します。

 

 

 

3、納付情報の確認

次に、納付情報発行依頼を行った税金の納付情報を確認します。

 

①納税メニューをクリックします。

 

 

②納付情報発行依頼の確認・納付をクリックします。

 

 

③納付情報発行依頼を行ったものが表示され、クリックすると収納機関番号、納付番号、確認番号、納付区分が表示されます。この番号を控え、ATMやネットバンキングで納付します。eLTaxから、直接ネットバンキングのサイトへ行き納付することもできます。

 



ATMやネットバンキングでは、ペイジー(税金・各種払込)から手続き!

 

税金をATMやネットバンキングから支払う場合、振込ではなく、ペイジー(税金・各種払込)から手続きを行います。

 

①ペイジーをクリック

 

 

②収納機関番号を入力

 

 

③納付番号・確認番号・納付区分を入力

 

 

ペイジーに対応している金融機関かどうかを確認!

ネットバンキングなどの場合、一部ペイジーに対応していない金融機関があります。

詳しくは、「ペイジーが利用できる金融機関」で確認して下さい。

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

記事に関するご質問はこちらから(コメントは基本公開されます)

メールアドレスが公開されることはありません。名前は、ニックネームでもかまいません。フルネームでお書きいただいた場合、下の名前で公開します。* が付いている欄は必須項目となります。あと、社会保険に関するご質問は、社会保険労務士等にご相談ください。

 

関連記事

PAGETOP