千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

お問い合わせ お見積り依頼
キャリア10年以上の
税理士が対応いたします!

お問合せ

CLOSE

MENU

CLOSE

無料相談受付中!

047-767-5591

受付時間
9:00~18:00

Access

千葉県船橋市・市川市・浦安市 近辺で税理士をお探しのお客様

創業8年 平成16年12月税理士試験合格、平成27年12月宅地建物取引士試験合格
キャリア10年以上の税理士が対応いたします!業務エリア:全国対応可

最新ブログ記事

無料相談受付中!まずはお気軽にお問い合わせください。

千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

無料相談受付中!
まずはお気軽にお問い合わせください。

047-767-5591

受付時間  9:00~18:00

地図
酒居会計ブログ ~税金の話~
  • 個人)不動産投資、自宅兼事務所の家賃計上には注意が必要!

      不動産投資を行っている個人の方から、「自宅の一部を事務所として経費計上しても良いのか?」というご質問を受けました。ちなみに、区分所有マンション3部屋を貸し付けているとのこと。   税法上の取扱い   まず、今回の場合、区分所有マンション3部屋の貸し付けなので、不動産所得の取扱い上、事業的規模の貸付には該当しません。事業的規模の場合、税法上、下記の取扱いが変わってき…詳しく見る

  • 駐車場を貸付けた場合の消費税の取扱い

      今回は、駐車場を貸し付けた場合の消費税の取扱いを確認していきます。   駐車場を貸付けた場合の消費税の取り扱い(貸付け規模は関係なし)   まずは、消費税法の条文をもとに確認していきます。   消費税の課税対象となる取引とは、国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡及び貸付並びに役務の提供をいいます。ただし、消費税の非課税取引である土地の貸…詳しく見る

  • 駐車場賃貸業(不動産所得)の事業的規模の判定

      今回は、不動産所得の事業的規模の判定について駐車場賃貸業の場合はどのように判定するのか?について確認していきたいと思います。   駐車場賃貸業の所得区分   まずは、不動産所得の事業的規模の判定の前に、駐車場賃貸業の場合、そもそも所得区分が不動産所得に該当せず、事業所得や雑所得とされる場合があるというお話をさせていただきます。   通達で次のように記載さ…詳しく見る

  • 不動産所得における事業的規模の判定(5棟10室要件を満たなくても事業的規模?)

      今回は、不動産所得の事業的規模の判定について確認していきます。事業的規模に該当すると、税務上、65万円の青色申告特別控除が適用できるなどのメリットがあります。事業的規模の判定というと5棟10室の要件をイメージされる方が多いかもしれませんが、厳密には5棟10室に該当しない場合でも、事業的規模に該当する場合があります。今回は、その部分についての確認をしていきます。   事業的規…詳しく見る

  • (不動産賃貸)家賃収入の収益計上時期に注意!法人と個人では異なります。

      家賃収入を計上する際、「前家賃だと、売上に計上するのか?それとも、しないのか?」迷う部分だと思います。個人と法人では取り扱いが異なります。また、「家賃を支払う際の取り扱いはどうなのか?」と言う部分も含めて記載させていただきます。   家賃収入の計上時期(個人の場合)   個人の場合、家賃収入の計上時期については、基本通達36-5に記載されています。契約により支払日…詳しく見る

  • 不動産投資 不動産所有法人のM&A 法人ごと株式として購入・売却 検証!

      今回は、法人が所有する不動産を売却する際、「その不動産所有法人ごと(株式として)売却する場合」と、「不動産そのものを売却する場合」について売主側と買主側とで比較検証をしてみたいと思います。   売主側の取り扱い   それでは見ていきましょう。   ①不動産所有法人ごと(株式として)売却する方が税率は低い   不動産所有法人ごと(株式として)売却…詳しく見る

  • 不動産投資 売却時の税金は個人と法人どちらがお得?事業年度変更も!

      今回は、不動産の売却時の税金について、個人と法人とで比較してみます。居住用の物件の場合は、3000万円の特別控除などの特例が数多くあるのですが、今回は、投資用不動産ということで説明させていただきます。法人の場合、事業年度を変更する裏技もありますので、ぜひ最後までお読みください。   個人の場合 所有期間によって税率が変わる!   個人が不動産を売却した場合、不動産…詳しく見る

  • 法人化(法人成り)は節税につながるのか?社会保険考慮後でシミュレーション①

      昔は、「個人の所得が400万円を超えたあたりから法人化すると節税につながります。」という提案をよくしていました。それは、法人化後、社会保険に加入せず、国民健康保険と国民年金に加入するという前提での話でした。しかし、そもそも法人は社会保険の適用事業者であり、役員報酬を支給すると社会保険に加入しなくてはなりません。数年前から、特に社会保険未加入企業に対しての督促が厳しくなり、社会保険に加…詳しく見る

  • 不動産投資 役員報酬の決め方 いくらに設定すれば手取り金額が多くなるのか?

      法人所有で不動産投資を行う際、「役員報酬の金額をいくらにすればいいのか?」と悩まれる方が多いと思います。そこで、役員報酬をいくらに設定すれば、個人+法人の合計での手取り金額が多くなるのかシミュレーションしてみました。社会保険考慮後で考えています。   法人の利益を1200万円とした場合 役員報酬の金額をいくらに設定すれば手取り金額が多くなるのか?   下記の表の見…詳しく見る

  • 不動産投資 個人と法人どちらで購入すべきか?最大39%もの税率差も!

      不動産投資は、利益を再投資して物件数を増やすことが多く、利益に対してどのくらいの税金がかかるかということは非常に重要です。税率が高ければ投資効果は薄れてしまいます。今回は、法人所有として不動産投資を行った場合と、個人所有として不動産投資を行った場合の税率を比較してみました。   法人所有として不動産投資を行った場合の税負担   法人所有として不動産投資を行った場合…詳しく見る

PAGETOP