福岡県福岡市中央区 天神・薬院・渡辺通の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

お問い合わせ お見積り依頼
キャリア10年以上の
税理士が対応いたします!

お問合せ

CLOSE

MENU

CLOSE

無料相談受付中!

092-519-6473

受付時間
9:00~18:00

Access

福岡県福岡市中央区 天神・渡辺通・薬院 近辺で税理士をお探しのお客様

創業7年 平成16年12月税理士試験合格,平成27年12月宅地建物取引士試験合格
キャリア10年以上の税理士が対応いたします!業務エリア:福岡県・佐賀県全域

最新ブログ記事

無料相談受付中!まずはお気軽にお問い合わせください。

福岡県福岡市中央区 天神・薬院・渡辺通の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

無料相談受付中!
まずはお気軽にお問い合わせください。

092-519-6473

受付時間  9:00~18:00

地図
酒居会計ブログ ~日々の出来事~
  • 役員報酬 節税シミュレーション 法人利益4600万円~5000万円まで(社会保険加入)

    役員報酬の金額をいくらに設定すれば個人と法人の合計での手取り金額が多くなるのか?今回は、社会保険(健康保険・厚生年金)に加入しているものとしてシミュレーションしてみました。   下記の表の見方としては、仮に法人の役員報酬控除前の利益が5000万円とした場合、(役員報酬0、法人利益5000万円)(役員報酬100万円、法人利益4900万円)(役員報酬200万円、法人利益4800万円)・・・と…詳しく見る

  • 役員報酬 節税シミュレーション 法人利益4100万円~4500万円まで(社会保険加入)

    役員報酬の金額をいくらに設定すれば個人と法人の合計での手取り金額が多くなるのか?今回は、社会保険(健康保険・厚生年金)に加入しているものとしてシミュレーションしてみました。   下記の表の見方としては、仮に法人の役員報酬控除前の利益が4500万円とした場合、(役員報酬0、法人利益4500万円)(役員報酬100万円、法人利益4400万円)(役員報酬200万円、法人利益4300万円)・・・と…詳しく見る

  • 役員報酬 節税シミュレーション 法人利益3600万円~4000万円まで(社会保険加入)

    役員報酬の金額をいくらに設定すれば個人と法人の合計での手取り金額が多くなるのか?今回は、社会保険(健康保険・厚生年金)に加入しているものとしてシミュレーションしてみました。   下記の表の見方としては、仮に法人の役員報酬控除前の利益が4000万円とした場合、(役員報酬0、法人利益4000万円)(役員報酬100万円、法人利益3900万円)(役員報酬200万円、法人利益3800万円)・・・と…詳しく見る

  • 役員報酬 節税シミュレーション 法人利益3100万円~3500万円まで(社会保険加入)

    役員報酬の金額をいくらに設定すれば個人と法人の合計での手取り金額が多くなるのか?今回は、社会保険(健康保険・厚生年金)に加入しているものとしてシミュレーションしてみました。   下記の表の見方としては、仮に法人の役員報酬控除前の利益が3500万円とした場合、(役員報酬0、法人利益3500万円)(役員報酬100万円、法人利益3400万円)(役員報酬200万円、法人利益3300万円)・・・と…詳しく見る

  • (個人)少額減価償却資産等の特例の判定は、事業割合を乗じる前で判定します。

      個人事業で、少額減価償却資産の特例(30万円未満)、一括償却資産の特例(20万円未満)、少額の減価償却資産(10万円未満)の判定をする際に、事業割合を乗じたところで判定するのか迷われたことはありませんか?今回は、その部分について見て行きます。   取得価額の判定は、事業割合を乗じる前か後か?   個人事業の場合、家事関連費を経費計上するためには、事業分と家事分とに…詳しく見る

  • 所得控除は株式の利益や配当からも控除できる!

      源泉徴収ありの特定口座で株式売買をされている方は多いと思います。源泉徴収ありの特定口座の場合、損益通算や繰越控除などの適用を受ける際には確定申告を行うことがあると思いますが、通常は、「申告不要制度」を選択される方が多いと思います。今回は、そういった場合でも、あえて申告をすることにより税金が還付される場合があるという事例を紹介します。   株式以外の収入が少ないため、所得控除…詳しく見る

  • 家事関連費の税務上の取り扱い 裁決事例をもとに確認

      今回は、家事関連費の取り扱いを見て行きます。家事関連費とは、必要経費としての性質と家事費としての性質を併せもつものをいいます。家事関連費については、単純に事業割合を乗じて計算すれば良いと思われている方が多いと思います。しかし、家事関連費のうち、事業遂行上必要な部分を明確にできないものについては、経費として計上できないという点に注意する必要があります。例えば、裁決事例にでてくる同窓会費…詳しく見る

  • 所得次第で医療費の領収書が10万円以下でも医療費控除可能

      医療費控除というと、領収書が10万円以上必要というイメージですが、所得次第で10万円以下の領収書の場合でも、医療費控除が受けられる場合があります。今回は、その部分の確認をしていきます。   医療費控除の計算方法   医療費控除の金額は、基本的には下記の通り、支払った医療費の合計額から、10万円を差し引いた金額を医療費控除として控除しますが、注意書きにあるように、総…詳しく見る

  • 名義預金とは?相続税の裁判事例をもとに検証

      親が子供の名義で預金をするようなことがあります。中には、節税対策と称して、税法の仕組みをあまり理解せず、多額の資金を親族の名義で分散しているようなことがあります。こういう場合、相続の際に問題になります。この預金は、子供のものなのか、それとも、親のもの(相続財産)なのか?今回は、名義預金に関して裁判事例をもとに確認していきます。   名義預金とは?   名義預金とは…詳しく見る

  • 弁護士報酬の収入計上時期 「着手金」「報酬金」「概算実費」の税務上の取り扱い

      今回は、弁護士報酬の税務上の取り扱いを裁判事例をもとに見て行きます。特に「着手金」「報酬金」については、弁護士でなければどういう内容のものなのかわかりづらい部分だと思いますので、用語の解説も含めて見て行きたいと思います。     「着手金」「報酬金」とは? (日本弁護士連合会のHPより)   日本弁護士連合会HPには、弁護士の「着手金」「報酬金」について…詳しく見る

PAGETOP