千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

お問い合わせ お見積り依頼
キャリア10年以上の
税理士が対応いたします!

お問合せ

CLOSE

MENU

CLOSE

無料相談受付中!

047-767-5591

受付時間
9:00~18:00

Access

千葉県船橋市・市川市・浦安市 近辺で税理士をお探しのお客様

創業8年 平成16年12月税理士試験合格、平成27年12月宅地建物取引士試験合格
キャリア10年以上の税理士が対応いたします!業務エリア:全国対応可

最新ブログ記事

無料相談受付中!まずはお気軽にお問い合わせください。

千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

無料相談受付中!
まずはお気軽にお問い合わせください。

047-767-5591

受付時間  9:00~18:00

地図
酒居会計マネーブログ   ~税金・転職・起業・株式投資・ふるさと納税~
  • 税務申告書の提出方法と締め切り時間

      今回は、税務申告書の提出方法と提出方法ごとの締め切り時間についてまとめてみました。   提出方法   税務申告書の提出方法は、4つあります。    ①税務署の窓口での提出   税務署の開庁時間中は、税務署の窓口で申告書を提出することができます。(所得税の確定申告の時期には、税務署以外の場所に特設会場が設けられ、所得税の申告書を提出することができ…詳しく見る

  • 医療費通知(医療費のお知らせ)で医療費控除が可能

      平成29年度の税制改正により、健康保険組合などから送られてくる医療費通知(医療費のお知らせ)を確定申告書に添付することで、医療費控除の適用を受けることができるようになりました。ただし、現状、医療費通知だけで医療費控除ができるのか?というとそうならない場合が多く、あくまでも医療費控除の補完的な意味合いで使用する場合が多いと思います。   医療費通知(医療費のお知らせ)での医療…詳しく見る

  • 駐車場を貸付けた場合の消費税の取扱い

      今回は、駐車場を貸し付けた場合の消費税の取扱いを確認していきます。   駐車場を貸付けた場合の消費税の取り扱い(貸付け規模は関係なし)   まずは、消費税法の条文をもとに確認していきます。   消費税の課税対象となる取引とは、国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡及び貸付並びに役務の提供をいいます。ただし、消費税の非課税取引である土地の貸…詳しく見る

  • 駐車場賃貸業(不動産所得)の事業的規模の判定

      今回は、不動産所得の事業的規模の判定について駐車場賃貸業の場合はどのように判定するのか?について確認していきたいと思います。   駐車場賃貸業の所得区分   まずは、不動産所得の事業的規模の判定の前に、駐車場賃貸業の場合、そもそも所得区分が不動産所得に該当せず、事業所得や雑所得とされる場合があるというお話をさせていただきます。   通達で次のように記載さ…詳しく見る

  • 東京都) 保険外交員は、個人事業税の課税対象に

      平成31年3月4日発行の税務通信で、「東京都では、保険業法の改正(平成26年5月改正)を契機に、平成29年分の個人事業税から、保険外交員は、基本的に個人事業税の課税対象にあたるものとして運用されている(東京都独自の運用とのこと)」との記事がありました。   今回は、東京都の行政不審査会の答申内容をもとに、保険外交員の個人事業税の取扱いについて確認していきたいと思います。 &…詳しく見る

  • ②中小企業)リース取引に関する会計処理と税務処理 税制ルール編 (賃貸借処理の根拠とは?)

      前回は、リース取引についての会計のルールについて確認しましたが。今回は、中小企業がリース取引を賃貸借経理した場合の税務上の取り扱いについて確認していきます。   税務上のリース取引の取扱い   税務上は、売買取引として取り扱う 前回の記事でご説明した通り、中小企業の場合、リース取引は、会計上は、賃貸借経理することができます。   ①中小企業)リース取引に…詳しく見る

  • ①中小企業)リース取引に関する会計処理と税務処理 会計ルール編 (賃貸借処理の根拠とは?)

      リース取引に苦手意識を持たれている中小企業の経理担当者は多いと思います。税務上、リース取引は、売買取引とみなされるのですが、中小企業の場合、賃貸借取引として経理し申告することができます。「その根拠はどこから来ているのか?」「税務上は売買取引として取り扱うはずなのに、なぜ賃貸借経理できるのか?」など、2回に分けて会計のルールと税制のルールに分けて確認していきたいと思います。今回は、まず…詳しく見る

  • 不動産所得における事業的規模の判定(5棟10室要件を満たなくても事業的規模?)

      今回は、不動産所得の事業的規模の判定について確認していきます。事業的規模に該当すると、税務上、65万円の青色申告特別控除が適用できるなどのメリットがあります。事業的規模の判定というと5棟10室の要件をイメージされる方が多いかもしれませんが、厳密には5棟10室に該当しない場合でも、事業的規模に該当する場合があります。今回は、その部分についての確認をしていきます。   事業的規…詳しく見る

  • 固定資産の譲渡の時期 税負担の減少を目的とした契約日での計上には注意!

      今回は、固定資産の譲渡の時期について確認していきます。   固定資産の譲渡の時期    固定資産の譲渡の時期について、所得税、法人税、消費税に次のような趣旨の通達があります。   「固定資産の譲渡の時期は、原則、引き渡しがあった日とする。ただし、契約の効力発生の日に計上しているときは、これを認める」   注意点 税負担の減少のみを目的とした「通…詳しく見る

  • 一括償却資産の償却費の計上 任意償却それとも強制償却?

      今回は、一括償却資産について、3年間で均等償却しないといけないのか?それとも、4年目以降繰り越すことができるのか?について確認していきます。   所得税(個人)の場合   所得税の一括償却資産の条文では、「必要経費に算入する金額は、・・・計算した金額とする。」と記載されてあることから、個人の判断による裁量の余地はありません。ですので、3年間で均等償却することになり…詳しく見る

PAGETOP