千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

お問い合わせ お見積り依頼
キャリア10年以上の
税理士が対応いたします!

お問合せ

CLOSE

MENU

CLOSE

無料相談受付中!

047-767-5591

受付時間
9:00~18:00

Access

千葉県船橋市・市川市・浦安市 近辺で税理士をお探しのお客様

創業8年 平成16年12月税理士試験合格、平成27年12月宅地建物取引士試験合格
キャリア10年以上の税理士が対応いたします!業務エリア:全国対応可

最新ブログ記事

無料相談受付中!まずはお気軽にお問い合わせください。

千葉県船橋市・市川市・浦安市 西船橋駅から徒歩2分の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

無料相談受付中!
まずはお気軽にお問い合わせください。

047-767-5591

受付時間  9:00~18:00

地図
酒居会計マネーブログ   ~税金・転職・起業・株式投資・ふるさと納税~
  • 分掌変更等の場合の役員退職給与について 裁判事例をもとに 

      今回は分掌変更等の場合の役員退職給与の規定についてご紹介します。中小企業の場合では、先代の社長が息子に社長を譲り、自分は非常勤役員や相談役として会社に残るということがあります。このような場合に退職給与を支給すると税務上しばしば問題になります。今回ご紹介する通達を正しく理解して退職金を支給する前に検討する必要があると思います。     分掌変更等の場合の役員退職給与…詳しく見る

  • 役員退職給与 いくらまでなら損金に算入できる? 平均功績倍率法とは

      裁判事例などを見ると、役員に対する退職給与が不相当に高額あるとして否認されるケースが多数見受けられます。その理由の一つとして不相当に高額かどうか判断する際に用いる資料が公表されておらず、納税者自身で用意する必要があるという点が挙げられます。今回は、そういった話を含めて見て行きたいと思います。     役員退職給与の規定は条文上はどうなっているのか?   …詳しく見る

  • (会社側)退職時の住民税の手続き

      住民税の徴収方法で特別徴収を選択している場合、従業員が退職する際には、会社が住民税の切替等の手続きを行う必要があります。退職日によって住民税の徴収方法が異なります。今回は、住民税の手続きについて整理してみました。     住民税の課税の流れ   まず、住民税の大まかな課税の流れとしては、1月31日提出期限で、会社が「給与支払報告書」を市役所に郵送します。…詳しく見る

  • (会社側)退職金を支給する際の手続き(税務署・市役所への提出書類等)

      今回は、退職金支給の際の会社側の手続きについて記載していきます。たまにしか出てこない手続きなので、その都度手続きの詳細を調べていると時間がかかるためまとめてみました。   「退職所得の受給に関する申告書」を退職者に書いてもらう   まず、退職予定者に「退職所得に係る受給に関する申告書」を記載してもらう必要があります。この用紙は、住民税の「退職所得申告書」と同じ用紙…詳しく見る

  • 退職金に係る税金の仕組み 通常は確定申告の必要なし

      今回は、退職金について見て行きます。退職金に課される税金は他の所得に係る税金に比べて有利だということは、皆さんご存知だと思います。長年の勤労に対する報償的な性格を有するため優遇されています。その税金の計算方法は特徴的です。まず、退職所得は、分離課税で、その名の通り退職所得だけで税金を計算する仕組みとなっています。一方、給与所得などは総合課税なので他の所得と合算して計算する仕組みになっ…詳しく見る

  • 法人成りをする場合、事業の一部を個人事業まま残すことは可能?

    「法人成りをする場合、事業の一部を個人事業のまま残すことは可能でしょうか?」という問い合わせがありました。   確認したところ、過去の裁決事例では、「代表者が行っていた事業と同様の事業を法人で行う場合は、特段の事情がない限り、原則として法人に引き継がれたものとする」との判断が下されています。法人税法第11条の実質所得者課税の原則に係る部分の話で、個人事業のまま残すことは無理ではないものの…詳しく見る

  • 使用人兼務役員とは?役員でありながら賞与の支給が可能!

        使用人兼務役員という言葉は聞いたことがあっても、この制度をきちんと理解している人は意外と少ないと思います。使用人兼務役員に該当すると役員でありながら賞与(使用人分)の支給が可能となります。(損金に計上できるということ)今回は、使用人兼務役員の定義から、中小企業の場合にはどういう人が使用人兼務役員に該当するか、また、使用人兼務役員に賞与を支給する場合の注意点まで見て行きま…詳しく見る

  • みなし役員とは?奥さんや息子さんが役員とみなされる場合もあるので注意

      法人税では、登記上は役員でないような人でも、法人税法上の役員とみなされる場合があります。「役員とみなされる」という認識がなく賞与を支給してしまうと税務調査などで否認されるリスクが生じてしまいます。今回は、みなし役員の要件・裁決例などを見て行きたいと思います。   みなし役員とは   会社法上の役員は、取締役、会計参与、監査役をいいますが、法人税法上の役員は、会社法…詳しく見る

  • 消費税の納税義務の判定について 特定期間の課税売上高も検討する必要あり!

      以前は売上が1,000万円を超えれば、消費税の課税事業者になるという認識で良かったのですが、平成23年に税制改正され消費税の納税義務の判定が複雑になりました。ですので、今回は、改正点をふまえて消費税の納税義務の判定についてのお話をさせていただきたいと思います。   消費税の納税義務の判定   消費税法では、「その課税期間に係る基準期間における課税売上高が1,000…詳しく見る

  • 『社長が歩合制の役員報酬をもらうことは可能なのか?』調べてみました。

      「歩合制の役員報酬は可能なのか?」との質問を受けることがあります。営業マンあがりの社長で、営業マン数名で独立するような場合に、社長自身も営業を行うため、これまでと同じように歩合制(出来高制)で給与をとりたいと思われるのだと思います。今回は、歩合制の役員報酬に関して見て行きたい思います。   歩合制の役員報酬は可能なのか?   歩合制の役員報酬に関する国税庁の「質疑応答事例」があります…詳しく見る

PAGETOP