福岡県福岡市中央区 天神・薬院・渡辺通の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

お問い合わせ お見積り依頼
キャリア10年以上の
税理士が対応いたします!

お問合せ

CLOSE

MENU

CLOSE

無料相談受付中!

092-519-6473

受付時間
9:00~18:00

Access

福岡県福岡市中央区 天神・渡辺通・薬院 近辺で税理士をお探しのお客様

創業7年 平成16年12月税理士試験合格,平成27年12月宅地建物取引士試験合格
キャリア10年以上の税理士が対応いたします!業務エリア:福岡県・佐賀県全域

最新ブログ記事

無料相談受付中!まずはお気軽にお問い合わせください。

福岡県福岡市中央区 天神・薬院・渡辺通の税理士・酒居会計事務所 税理士報酬格安プランあり。

無料相談受付中!
まずはお気軽にお問い合わせください。

092-519-6473

受付時間  9:00~18:00

地図
酒居会計ブログ ~日々の出来事~
  • 役員報酬 節税シミュレーション 法人利益1600万円~2000万円まで(国保・国年)

    役員報酬の金額をいくらに設定すれば個人と法人の合計での手取り金額が多くなるのか? 今回は、国民健康保険・国民年金に加入しているものとしてシミュレーションしてみました。   下記の表の見方としては、仮に法人の役員報酬控除前の利益が1500万円とした場合、(役員報酬0、法人利益2000万円)(役員報酬100万円、法人利益1900万円)(役員報酬200万円、法人利益1800万円)・・・と順次 …詳しく見る

  • 役員報酬 節税シミュレーション 法人利益1100万円~1500万円まで(国保・国年)

    役員報酬の金額をいくらに設定すれば個人と法人の合計での手取り金額が多くなるのか? 今回は、国民健康保険・国民年金に加入しているものとしてシミュレーションしてみました。   下記の表の見方としては、仮に法人の役員報酬控除前の利益が1500万円とした場合、(役員報酬0、法人利益1500万円)(役員報酬100万円、法人利益1400万円)(役員報酬200万円、法人利益1300万円)・・・と順次 …詳しく見る

  • 役員報酬 節税シミュレーション 法人利益600万円~1000万円まで(国保・国年)

    役員報酬の金額をいくらに設定すれば個人と法人の合計での手取り金額が多くなるのか? 今回は、国民健康保険・国民年金に加入しているものとしてシミュレーションしてみました。   下記の表の見方としては、仮に法人の役員報酬控除前の利益が1000万円とした場合、(役員報酬0、法人利益1000万円)(役員報酬100万円、法人利益900万円)(役員報酬200万円、法人利益800万円)・・・と順次 個人…詳しく見る

  • 役員報酬 節税シミュレーション 法人利益100万円~500万円まで(国保・国年)

    役員報酬の金額をいくらに設定すれば個人と法人の合計での手取り金額が多くなるのか? 今回は、国民健康保険・国民年金に加入しているものとしてシミュレーションしてみました。   下記の表の見方としては、仮に法人の役員報酬控除前の利益が500万円とした場合、(役員報酬0、法人利益500万円)(役員報酬100万円、法人利益400万円)(役員報酬200万円、法人利益300万円)・・・と順次 個人+法…詳しく見る

  • 法人成りをする場合の届出書類(個人事業廃業・法人設立時の届出)

      法人成りをする場合に、通常は、個人事業を廃業して法人を設立することになります。その際の届出書についてまとめてみました。   個人事業を廃業す際の届出書類   個人事業の開業・廃業等届出書 事業を廃止した日から1か月以内に提出します。   青色申告の取りやめ届出書 青色申告の承認を受けていた方が、青色申告書による申告を取りやめようとする場合の手続きです。青…詳しく見る

  • 個人事業を始める場合に検討すべき届出書類19選(税金・社会保険)

      個人事業を始める場合、税務署に開業届を提出する必要があります。そのほかに、特に重要な届出書類として、所得税の青色申告承認申請書があります。基本的に、開業後2か月以内に提出する必要があり、期限が過ぎてしまうと初年度65万円控除を受けることができなくなります。また、従業員を雇う場合には、労災保険や雇用保険に加入しなければならず、その手続き等もまとめてみました。    …詳しく見る

  • (法人)会社設立時に検討すべき届出書類24選 (税金・社会保険) 

      今回は、会社設立時の届出書類についてご説明させていただきます。今回、ご紹介する届出書の中で、特に重要なものは、青色申告の承認申請書です。会社設立後3か月以内に提出する必要があり、会計事務所にお問い合わせをいただくころには、すでに提出期限を過ぎているというようなことが起こりがちです。提出期限が過ぎてしまうと初年度は青色申告の適用を受けることができなくなり、初年度の決算で赤字の場合でもそ…詳しく見る

  • 副業が会社にバレる仕組み。バレない方法は?住民税・社会保険から

      最近、新聞などを見ていると副業を推奨しているような会社もチラホラ出てきました。しかし、世の中的には副業を禁止している会社の方がまだまだ多いと思います。個人的には、就業規則で禁止されている場合には規則を守るのが一番だと思います。副業がバレて会社をクビになるようなことがあれば少しくらい稼いだとしても全く割に合わないと思います。その反面、収入源が複数あった方が生活は安定しますし、会社に所属…詳しく見る

  • 償却資産(構築物、機械、器具、備品など)に対しても固定資産税が課税されます。

      土地や建物には固定資産税、自動車に対しては自動車税がかかるということはご存知だと思いますが、事業で使用する機械・器具・備品など償却資産に対しても固定資産税がかかるということはあまり知られていないような気がします。そこで、今回は、償却資産について見て行きます。     どういう資産が対象となるのか?   固定資産税は、土地・家屋・償却資産の資産価値に応じて…詳しく見る

  • 分掌変更等の場合の役員退職給与について 裁判事例をもとに 

      今回は分掌変更等の場合の役員退職給与の規定についてご紹介します。中小企業の場合では、先代の社長が息子に社長を譲り、ご自分は非常勤役員や相談役として会社に残るということがあります。このような場合に退職給与を支給すると税務上しばしば問題になります。今回ご紹介する通達を正しく理解して退職金を支給する前に検討する必要があると思います。     分掌変更等の場合の役員退職給…詳しく見る

PAGETOP